ドローン許可申請を行政書士が代行

山形の相続・遺言、家族信託は【相続えんまん相談室】にご相談下さい。相続を争族にしない公正証書遺言原案作成や認知症対策、山形の実家の空き家対策として家族信託のご提案・組成を行います。無料相談会も開催し、山形での「えんまん相続」をサポート!
 023-673-0246
お問い合わせ

山形で遺言・相続・家族信託について相談するなら【相続えんまん相談室】へ~遺言書の作成をおすすめするケース~

 

山形で相続・遺言・家族信託に詳しい【相続えんまん相談室】

山形で遺言・相続・家族信託に詳しい【行政書士後藤正紀事務所】

山形相続遺言・家族信託に詳しい【相続えんまん相談室】では、公正証書遺言原案作成を通して相続の無用な争いを未然に防ぎ、良好な家族関係がいつまでも続くお手伝いをしております。

遺言がない相続では、「争族」によって人間関係が壊れてしまい、最終的に協議がまとまらずに相続財産を分けることができないというケースが多々あります。相続を「争族」にしないためには遺言書の作成が有効ですので、ぜひご検討ください。

山形で相続や遺言のことなら【相続えんまん相談室】へ

山形で相続や遺言のことなら【相続えんまん相談室】へ

山形で相続や遺言の相談をしようとお考えの方は、【相続えんまん相談室】をご利用ください。【相続えんまん相談室】では、みなさんが納得する遺産分割協議書の作成を行っております。

不定期に相続や遺言に関する無料相談会も開催しておりますので、山形にお住まいの方はお気軽にお問い合わせください。

遺言書の作成をおすすめするケース

子どもがいない夫婦

子どもがいない遺産相続の場合、配偶者と被相続人の直系尊属(父母や祖父母)、直系尊属が死亡している場合は兄弟姉妹が相続人となります。配偶者は義理の直系尊属または兄弟姉妹と遺産を相続することになるため、揉めることが多いのです。そのため、遺言書で相続分について指定しておくことをおすすめします。遺言書で指定すれば、配偶者に全財産を相続させることも可能です。

離婚や再婚の経験がある方

前の配偶者との間に子どもがいる場合、遺言書がなければ、前の配偶者との間の子どもと、今の配偶者との間の子どもでは相続分は同じになります。トラブルになることも多いため、遺言書の必要性は高いでしょう。
また、再婚相手の子どもに自身の遺産を相続させるには、先に養子縁組をするか、遺言で遺贈を行う必要があります。

相続人以外の第三者に財産を遺したい方

内縁の配偶者や介護をしてくれた義理の娘など、法定相続人ではない人に財産を遺したいという時はその旨の遺言書を作成しましょう。

おひとりさまの方

独身で親や兄弟姉妹(甥姪)など相続人がいない場合には、残された財産は国庫に帰属(国のものになる)する事になります。お世話になった特定の方に遺贈する場合や団体等に寄附する場合などは遺言書がないとその思いは実現できません。

相続財産が不動産(住んでいる土地、建物)のみの場合

相続財産のほとんどが自宅などのように簡単に分けられない不動産である場合はトラブルになり易いものです。自宅を売却し金銭で分割するか、住み続けるために、借金をして代償金の支払いにあてるかのどちらかのケースになることが多いようです。二世帯住宅に住んでいて、子供が複数いる場合、他の兄弟から相続分を主張され、自宅を売却して財産分割せざる得ない状況になる事もあります。

行方不明の相続人がいる場合

行方不明の相続人を無視して他の相続人のみでなされた遺産分割協議は無効であり、相続財産を分けたり、不動産を登記する事もできません。遺産分割協議をする為には、家庭裁判所への不在者財産管理人の選任手続きや失跡宣告(失跡してから7年)の申立てなど手続きや時間が掛かりますので、行方不明の相続人がいる場合にも注意が必要です。

遺産の種類・数量が多い場合

遺産分割協議では、財産の配分割合では合意しても、誰が何(土地・株式・預貯金・現金など色々な種類の財産がある場合)を相続するかについてはなかなかまとまらないものです。遺言書でしっかり指定しておけば紛争防止になります。

相続させたくない相続人がいる場合

素行の悪い息子・娘や離婚係争中の配偶者など、相続人ではあるが自分の財産を相続させたくない場合。

複数兄弟のうち独身者1人が親と同居、他は家族がいる場合

独身者がそのまま居住することを望んでも、他の兄弟が実家に家族とともに戻りたい場合や、他の兄弟が自宅を売却し金銭での分割を主張した場合、そもそも協議がまとまらない恐れがあります。
実は、このようなケースが多く、晩婚化等により今後も増加するものとみられますので、この場合は特に注意が必要です。

社会貢献として、福祉団体等に遺贈寄附したい場合

相続人がいない場合には、最終的には遺産は国のものになりますが、ご自身が生きてきた証として福祉団体等に遺贈寄附したい場合には、遺贈先との調整を行い、遺言書にその旨を明示しなければなりません。
遺贈寄附先などの具体的な事項については、ヒアリングを行い考えに沿った適切な寄附先をご紹介させていただきます。

山形の相続えんまん相談室のお役立ちコラム

山形で相続・遺言に関するご相談なら【相続えんまん相談室】

(運営)事務所名 行政書士 後藤正紀事務所
事務所所在地 〒990-0057 山形県 山形市宮町3-5-32
TEL 023-673-0246
説明 山形で相続のご相談を承る【相続えんまん相談室】を運営する行政書士 後藤正紀事務所です。 遺言書の書き方や相続放棄の手続きなど、相続に関することはお気軽にご相談ください。 山形の相続専門行政書士が推定相続人調査から、公正証書遺言原案作成などの業務を行います。 多くの方は家族が相続で揉めることは無いと思われていますが、 事前に準備を行うことで、そのリスクを回避することが重要です。 相続は遠い未来のことではありません。 残された大切な家族のためにも、相続について真剣に向き合ってみませんか。 山形で相続に関してのお困りごとやお悩みは【相続えんまん相談室】にご相談ください。

 

2020.09.19 Saturday