ドローン許可申請を行政書士が代行

山形の相続・遺言、家族信託は【相続えんまん相談室】にご相談下さい。相続を争族にしない公正証書遺言原案作成や認知症対策、山形の実家の空き家対策として家族信託のご提案・組成を行います。無料相談会も開催し、山形での「えんまん相続」をサポート!
 023-673-0246
お問い合わせ

山形で遺言(公正証書遺言)・遺産分割の書類を作成する【相続えんまん相談室】~遺産分割協議のあれこれ~

山形で遺言(公正証書遺言)の作成をお考えなら【相続えんまん相談室】へ

山形で遺言(公正証書遺言)の作成をお考えなら【相続えんまん相談室】へ

山形遺言公正証書遺言)の作成をお考えの方は、【相続えんまん相談室】をご利用ください。【相続えんまん相談室】では、作成・保管面などで安心・安全な公正証書遺言の作成を推奨しております。

また、相続対策として従来の成年後見では実現できなかった新しい財産の渡し方である「家族信託」についてもご説明・ご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

山形で遺言に詳しい【相続えんまん相談室】~遺産分割の書類を作成~

山形で遺言に詳しい【行政書士後藤正紀事務所】~遺産分割の書類を作成~

山形で遺言に詳しい【相続えんまん相談室】では、遺産分割の書類を作成いたします。

遺言がない場合、共同相続人の協議によって相続開始後共有名義となっている相続財産の各自持分を確定し分割することを遺産分割協議といいますが、この協議で合意した内容を書面に取りまとめた遺産分割協議書の作成には深い相続知識とノウハウが必要になります。

【相続えんまん相談室】では、みなさんが納得する遺産分割協議書を作成いたしますので、山形で遺言にお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

遺産分割協議のあれこれ

遺産分割協議をやり直すことは可能?

遺産分割協議をやり直すためには、すべての相続人の同意が必要です。1度決めた内容を取り消してやり直すことは困難ですし、トラブル発生の原因となってしまいますので、遺産分割協議は相続人全員が納得するまで話し合うことが大切です。

未成年者も遺産分割協議に参加するの?

未成年者であっても相続権が発生した場合には、遺産分割協議に参加する必要があります。ただし、未成年者は財産に関する法律行為を行うことができないため、相続人の中に未成年者がいる場合は法定代理人である親権者が代理人として遺産分割協議に参加することが原則となります。

しかし、法定代理人である親権者も相続人となっている場合には(例えば、配偶者と未成年の子)、親権者と子供の間で生じる利益相反行為を防ぐために、家庭裁判所に特別代理人の選任の申立てを行う必要があります。

行方の分からない相続人がいる場合は?

遺産分割協議は、基本的に相続人全員の参加と合意が必要です。しかし相続人の中に行方の分からない人がいる場合には、家庭裁判所に不在者財産管理人の選任の申立てを行います。申立てに基づき裁判所が不在者財産管理人の選定を行い、遺産分割協議を進めることが可能になります。

お役立ちコラム

山形で遺言のことでご相談があるなら【相続えんまん相談室】

(運営)事務所名 行政書士 後藤正紀事務所
事務所所在地 〒990-0057 山形県 山形市宮町3-5-32
TEL 023-673-0246
2020.09.19 Saturday