ドローン許可申請を行政書士が代行

山形の相続・遺言、家族信託は【相続えんまん相談室】にご相談下さい。相続を争族にしない公正証書遺言原案作成や認知症対策、山形の実家の空き家対策として家族信託のご提案・組成を行います。無料相談会も開催し、山形での「えんまん相続」をサポート!
 023-673-0246
お問い合わせ

ドローン申請して夜間飛行させるなら書類作成を行う【ドローン許可支援センター】へ~航空法以外の規制~

トップページ » ドローン許可の手続きが得意な【行政書士 後藤正紀事務所】のお役立ちコラム » ドローン申請して夜間飛行させるなら書類作成を行う【ドローン許可支援センター】へ~航空法以外の規制~

ドローンを夜間飛行させるためには許可が必要です。ドローン申請に関するご相談は【ドローン許可支援センター】へ。

ドローン飛行の航空法以外の規制について紹介いたします。

航空法以外の規制

航空法以外のドローン飛行規制をご説明!ドローン申請(夜間飛行)お気軽にご相談を!

ドローン飛行は航空法において規制されておりますが、航空法以外にも気をつけたい法律や条例があります。例えば、公立公園の飛行制限です。都道府県や市区町村によって規制内容は異なりますが、公園には子どもが多いためドローン飛行が条例により禁止されていることが多いです。

公園と同じ理由で河川区域の飛行が制限されている場合もありますので、ご注意ください。また、国会議事堂や内閣総理大臣官邸等、外国公館、原子力事業所の周辺地域は「小型無人機等飛行禁止法」によって飛行禁止空域に定められております。

他にも、海外製の5.8GHz帯のドローンを使用している場合などには、日本の電波法に抵触する可能性があるため注意が必要です。使用しているドローンの周波数帯によって無線局免許や無線従事者資格が必要になる場合があるため、ドローンを操縦する際には電波法についても知っておきましょう。

ドローン申請して夜間飛行させるなら【ドローン許可支援センター】に相談を

ドローン申請して夜間飛行させたいとお考えの方は、【ドローン許可支援センター】にご相談ください。【ドローン許可支援センター】では、ドローン申請のサポートを行っております。

料金は、幅広い業務にドローンを活用される企業様・個人様におすすめのパック、農業法人様・大規模農家様向けのパック、日時・場所を特定し夜間飛行・目視外飛行・30m接近飛行などの形態で申請するパックの3つご用意しております。改造機体の場合や飛行対象が4都道府県以上、ドローン4機目以降などで料金が追加されますので、まずは見積りをご依頼ください。

ドローン申請のことなら【ドローン許可支援センター】へ~書類作成を代行~

ドローン申請(夜間飛行)の書類作成を代行いたします!

ドローン申請のことなら、【ドローン許可支援センター】にお任せください。

【ドローン許可支援センター】では、面談不要で書類作成を代行いたします。お客様に記入していただいたヒアリングシートをもとに許可・承認申請書を作成し、申請を行うため手間がかかりません。

飛行実績報告書の提出代行も行っておりますので、夜間飛行の際のドローン申請でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

夜間飛行のドローン申請の問合せなら【ドローン許可支援センター】

(運営)事務所名 行政書士 後藤正紀事務所
事務所所在地 〒990-0057 山形県 山形市宮町3-5-32
代表者名 後藤正紀
TEL 023-673-0246
FAX 023-673-0359
取扱業務
  • 相続(公正証書遺言原案作成、遺産分割協議書作成)
  •  相続法務指導員
  • 家庭信託(相続・事業承継・認知症対策)
  •  一般社団法人家族信託普及協会会員
  • ドローン許可・承認申請
業務地域
  • 相続・遺言・家族信託:山形県内
  • ドローン許可・承認申請:山形・全国
所属 山形県行政書士会 山形支部
概要 ドローン申請(夜間飛行)は行政書士後藤正紀事務所が運営する【ドローン許可支援センター】へ。ドローンを飛行するために必要な申請書作成等をサポートいたします。ドローンを夜間飛行させるためのドローン申請はお気軽にご相談ください。
2020.09.19 Saturday