ドローン許可申請を行政書士が代行

山形の相続・遺言、家族信託は【相続えんまん相談室】にご相談下さい。相続を争族にしない公正証書遺言原案作成や認知症対策、山形の実家の空き家対策として家族信託のご提案・組成を行います。無料相談会も開催し、山形での「えんまん相続」をサポート!
 023-673-0246
お問い合わせ

ドローン申請の代行を行政書士に依頼するなら【ドローン許可支援センター】~許可と承認の違い~

トップページ » ドローン許可の手続きが得意な【行政書士 後藤正紀事務所】のお役立ちコラム » ドローン申請の代行を行政書士に依頼するなら【ドローン許可支援センター】~許可と承認の違い~

ドローン申請・ドローン許可なら行政書士がサポートする【ドローン許可支援センター】にご相談ください。

ドローン制度の許可と承認の違いについて紹介いたします。ドローン申請をお考えの方はぜひご覧ください。

許可と承認の違い

ドローンを飛行させるには、許可・承認の申請が必要です。

ドローン制度には許可と承認がありますが、この2つの違いをご存知ですか?

許可とは、一般的に禁止されている行為に対して一定の条件をもとに申請した者に対して、その行為をできるようにするものです。許可を出すのは地方航空局長または各空港事務所長で、どの許可をもらうかで申請先が異なります。

一方で承認は飛行方法についてフォーカスしたもので、夜間飛行・目視外飛行・※30m未満の飛行・イベント上空飛行・危険物輸送・物件投下の飛行を行う際、航空機の航空の安全ならびに地上及び水上の人及び物件の安全を損なう恐れがないことについて地方航空局長の承認を受けなければいけないというものです。

承認のほうが許可に比べるとソフトなイメージがあることから、許可だけ取れば良いと考える方もいらっしゃいますが、承認を受けないと許可と同様に罰則が与えられるため、ドローン飛行させる際には許可・承認申請を忘れずに行いましょう。

※当該無人航空機と地上又は水上の人又は物件との間に30m以上の距離を保たないで行う飛行のこと

①許可が必要な場合

ドローン許可申請が必要な空域

②承認が必要な場合

ドローン承認申請が必要な事例

ドローン申請を行政書士に依頼するなら【ドローン許可支援センター】にお任せ

ドローン申請を行政書士に依頼しようとお考えの方は、【ドローン許可支援センター】にお任せください。【ドローン許可支援センター】では、飛行実績報告書の提出代行も行っております。

許可期間が3ヶ月を超える包括申請をした場合、3ヶ月に1度飛行実績報告書を国土交通省に提出しなければなりません。飛行日時や地図付きの飛行場所、パイロットなどの情報を記載した国に提出する書類のため、きちんと記入する必要があります。ドローン申請にお困りの方は、お気軽にご相談ください。

ドローン申請の代行を行う【ドローン許可支援センター】

ドローン申請の代行、行政書士が運営するドローン許可支援センターにお任せください。

ドローン申請の代行を行う【ドローン許可支援センター】では、面談不要で手続きを行います。

ご連絡いただきましたらヒアリングシートをお送りしますので、ご記入をお願いいたします。その情報をもとに申請書を作成し、行政庁との折衝を行います。

最終的な許可・承認書の取得まで安心してお任せください。お問合せは24時間365日受付けております。ドローン許可・ドローン申請のご相談は行政書士が運営する【ドローン許可支援センター】へ。

ドローン申請の代行、問合せならドローン許可支援センター

(運営)事務所名 行政書士 後藤正紀事務所
事務所所在地 〒990-0057 山形県 山形市宮町3-5-32
代表者名 後藤正紀
TEL 023-673-0246
FAX 023-673-0359
取扱業務
  • 相続(公正証書遺言原案作成、遺産分割協議書作成)
  •  相続法務指導員
  • 家庭信託(相続・事業承継・認知症対策)
  •  一般社団法人家族信託普及協会会員
  • ドローン許可・承認申請
業務地域
  • 相続・遺言・家族信託:山形県内
  • ドローン許可・承認申請:山形・全国
所属 山形県行政書士会 山形支部
概要 ドローン申請なら行政書士後藤正紀事務所が運営する【ドローン許可支援センター】へ。ドローン申請に必要な許可・承認の書類作成などを行政書士がお手伝いいたします。ドローン飛行や空撮の際の面倒なドローン申請はお任せください。
2020.09.19 Saturday