ドローン許可申請を行政書士が代行

山形の相続・遺言、家族信託は【相続えんまん相談室】にご相談下さい。相続を争族にしない公正証書遺言原案作成や認知症対策、山形の実家の空き家対策として家族信託のご提案・組成を行います。無料相談会も開催し、山形での「えんまん相続」をサポート!
 023-673-0246
お問い合わせ

ドローン許可の申請を行う行政書士をお探しなら【ドローン許可支援センター】へ~ドローン許可申請の種類~

トップページ » ドローン許可の手続きが得意な【行政書士 後藤正紀事務所】のお役立ちコラム » ドローン許可の申請を行う行政書士をお探しなら【ドローン許可支援センター】へ~ドローン許可申請の種類~

ドローン許可の申請を行う【ドローン許可支援センター】

ドローン許可を行政書士がサポート!

ドローン許可申請を行う【ドローン許可支援センター】では、お客様からの情報をもとに管轄の地方航空局ないし空港事務所と調整を行います。

自分で申請する場合、航空法や条例なども確認しなければいけないため、手間と時間がかかります。また、場合によっては修正が必要になることもあるでしょう。

【ドローン許可支援センター】では、今まで数多くの申請書を作成してきた実績があります。個人・法人に対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。オンラインでのドローン許可申請の問合せもお待ちしております。

ドローン許可について行政書士に相談するなら【ドローン許可支援センター】へ

ドローン許可なら行政書士にご相談を!

ドローン許可について行政書士に相談しようとお考えの方は、【ドローン許可支援センター】をご利用ください。

【ドローン許可支援センター】では、面談不要でドローン許可の申請をサポートいたします。お客様へヒアリングシートをお送りし、その情報をもとに許可・承認申請を行います。

申請書一式を送付後、事務所に送られてきた許可・承認書の原本をお客様に郵送させていただきますので、安心してお任せください。飛行実績報告書の提出代行も承ります。

ドローン許可申請の種類

普通申請

普通申請とは、一般的な申請形態です。飛行させる機体、操縦者、具体的な日時、場所が確定している場合には普通申請を行います。

包括申請

包括申請とは、具体的な日時や場所が決まっていない場合の申請です。一定期間に複数回ドローンを飛行させる場合や、異なる複数の場所でドローンを飛行させる場合は包括申請を行います。

一括申請

一個の飛行について、複数の事項の許可が必要な場合は、一括して申請を行うことができます。

代行申請

複数の申請者による飛行をとりまとめて行う場合の申請は、代表者による代行ができます。なお代行申請は、飛行の委託を行っている者が受託者の飛行をまとめて申請する場合、複数の者が行う飛行をまとめて申請する場合等が該当します。

オンラインでドローン申請!ドローン情報基盤システム(DIPS)のご紹介!

これまでドローン飛行をするためには、国土交通省の窓口に書類を郵送・持参して申請を行い許可を得ておりましたが、2018年4月2日より、オンライン申請サービス『ドローン情報基盤システム(DIPS)』が開始され、24時間どこにいてもドローン申請することができるようになりました。場所や時間を気にせずドローン申請を行えるため、スムーズに手続きが進められるなど、多くのメリットがあります。

オンラインでのドローン申請が行える手続きは、「無人航空機の飛行に関する許可・承認申請」「無人航空機の飛行実績の報告」「無人航空機による事故等の情報提供」と、国土交通省が管轄している内容のみです。それ以外のドローン申請に関しては、各自治体や権利者、警察署など、内容によって様々ですので注意してください。

行政書士 後藤正紀事務所が運営する【ドローン許可支援センター】では、ドローン包括申請をはじめ、ドローン申請に関する相談を受け付けております。オンライン申請で不明なこともお気軽にご質問ください。

オンラインドローン申請のやり方

オンラインでのドローン許可・申請サービス「ドローン情報基盤システム(DIPS)」のやり方についてご説明いたします。

まず、下記の確認と準備を事前に行いましょう。

PCのスペック(動作環境)

  • OS:Windows7(SP1 以上)、Windows10
  • ブラウザ:Internet Explorer 11.0
  • CPU:2.50Ghz 以上
  • メモリ:2.00GB 以上

準備するもの

  • ドローン情報基盤システムにログインするために必要なID発行用のメールアドレス
  • 安全な通信を行うための自己署名証明書
  • 機体、操縦装置の設計図または写真
  • 無人航空機の追加基準への適合性を示す資料及び写真
  • 飛行マニュアル
  • 技能認証証明書
  • 無人航空機取り扱い説明書
  • その他添付資料

確認と準備ができましたら、ドローン情報基盤システムのページにアクセスしてください。

ページを下にスクロールしていきますと、「個人」「企業・団体」のどちらかを選択できる画面がありますので、ご自身に合ったものをお選びください。

続いて、申請者情報を登録し、システムログインに必要なIDを発行します。ID発行が完了しましたら、ドローン情報基盤システムにログインします。

ログイン後、機体情報の登録、ドローン操縦者情報の登録、申請書作成、申請書提出を行います。

申請書提出後、申請書の審査が行われ、不備がなければドローン許可書が発行されます。

以上がオンラインドローン申請方法となります。簡単にご説明いたしましたが、ドローン情報基盤システムのページ内に詳しいマニュアルが掲載しております。ご自身でドローン申請してみたい方は、ご参考ください。

ドローン許可支援センターでは、オンラインドローン申請についてのご相談も承っております。ドローン許可・承認で不明なことがありましたら、お気軽にお問合せください。

オンラインドローン許可申請を行政書士がサポート【ドローン許可支援センター】

(運営)事務所名 行政書士 後藤正紀事務所
事務所所在地 〒990-0057 山形県 山形市宮町3-5-32
代表者名 後藤正紀
TEL 023-673-0246
FAX 023-673-0359
取扱業務
  • 相続(公正証書遺言原案作成、遺産分割協議書作成)
  •  相続法務指導員
  • 家庭信託(相続・事業承継・認知症対策)
  •  一般社団法人家族信託普及協会会員
  • ドローン許可・承認申請
業務地域
  • 相続・遺言・家族信託:山形県内
  • ドローン許可・承認申請:山形・全国
所属 山形県行政書士会 山形支部
概要 オンラインドローン許可・申請のお問合せ相談、行政書士が運営するドローン許可支援センターが親身になって対応いたします。ドローン飛行・空撮・農薬散布など、ドローン許可・承認が必要となる申請書の作成代行を承ります。ドローン資格・免許、ドローン包括申請、オンライン申請など、ドローンに関するあらゆる相談にお応えしますので、お気軽にお問合せください。ドローン許可・申請ならドローン許可支援センターへ。
2020.09.19 Saturday