ドローン許可申請を行政書士が代行

山形の相続・遺言、家族信託は【相続えんまん相談室】にご相談下さい。相続を争族にしない公正証書遺言原案作成や認知症対策、山形の実家の空き家対策として家族信託のご提案・組成を行います。無料相談会も開催し、山形での「えんまん相続」をサポート!
 023-673-0246
お問い合わせ
ドローンの画像
山形で相続の相談なら【相続えんまん相談室】へ | 遺言書でいつまでも家族円満に。

 

ドローン認可

ドローン

相続・家族信託

相続・家族信託

ドローン許可・申請の手続きを行政書士が代行いたします。

ドローンを導入し飛行・空撮を行うためには、多くの許可と申請が必要です。
山形の「ドローン許可支援センター」(運営:行政書士 後藤正紀事務所)では、
ドローン飛行のためのドローン許可・承認申請の書類作成を山形は勿論、全国でサポートいたします。

相続・遺言

日本では、遺言は多額の財産を持つ一部の人のことで自分は関係ない、自分の家族は皆仲が良いから大丈夫との理由等から、まだまだ一般的ではありませんが、いざ相続に直面してはじめて遺言の重要さに気付くものです。

山形でも「自分には財産はないし、家族もみんな仲いいので遺言なんて関係ないよ」という声はよく聞かれます。
しかし、山形の自宅の土地や建物、山林、田畑をお持ちではないでしょうか?自動車、預貯金・現金、貴金属、趣味で集めた書画・骨董などはお持ちではないでしょうか?
これらは、立派な「相続財産」であり、相続人が勝手に処分することはできないものであり、もしも遺言がない場合は、相続人全員による遺産分割協議が必要となります。
ただ、相続人間の利害関係の対立や相続人の中に行方不明者がいる場合等、複雑な人間関係から遺産分割協議が難航、長期化する傾向にあり、結果的に「相続」が「争族」となり人間関係が壊れてしまう事例、家庭裁判所による調停等を行っても最終的には協議がまとまらず、相続財産を分けることができない(塩漬け)事例が多く見受けられます。

近年、山形でも増加する「おひとりさま」が、大切な財産を社会貢献のための福祉団体に寄附したいなど自分で財産の行く末を決めたい場合、子供のいないご夫婦が、お二人で築いた財産を100%配偶者に残したい場合、大切なペットをしっかり世話してもらいたい場合、これらは遺言書がなければ実現できません。
法定相続割合以外で遺産を相続させたい、遺贈したい場合は、遺言書という形によらなければ、生前どんなに考えていても実現できません。相続開始後もあなたの意思を生かしたいのであれば、遺言書を作成する必要があります。

ひと昔前までは、遺言など縁起が悪いなどと忌嫌われていましたが、高齢社会となり、認知症発症率も7人に1人と言われるような状況、人間関係が複雑になっていく中においては、もはや遺言・遺言書をタブー視することはなく、「元気な今」こそ、いずれ相続に直面する家族のことを思いやり、遺される家族の安心のためにも、山形でも遺言を遺すことは大事なことなのです。
もし、認知症を発症したら、遺言書の作成は困難となり、家族を思いやるあなたの意思を遺言という形で反映することはできなくなってしまいます。

山形の行政書士 後藤正紀事務所が運営する「相続えんまん相談室」では、山形で「相続」を「争族」としないため遺言(公正証書遺言原案作成)を通して、相続の無用な争いを未然に防ぎ、良好な家族関係がいつまでも続くお手伝いを山形市はもとより山形県内全域を対象に行っております。
相続に伴うお悩みや相続に伴う争族が心配な方のための公正証書遺言原案作成、相続発生後の遺産分割協議書作成など、山形で相続のことは何でもお気軽に「相続えんまん相談室」(運営:行政書士 後藤正紀事務所)にご相談ください。

「相続えんまん相談室」では、安心・安全な公正証書遺言の作成をオススメしております。
オススメの理由は こちら

山形で相続・遺言について何かお困りの方、山形で公正証書による遺言書作成等をお考えの方、山形で遺産分割協議書作成でお困りの方、その他山形で相続・遺言に関することについては、「相続えんまん相談室」(運営:行政書士 後藤正紀事務所)までお気軽にお問合せ下さい。

「相続えんまん相談室」(運営:行政書士 後藤正紀事務所)では、無料相談会を実施していますので、山形で相続・遺言に関することは何でもお気軽にご相談ください。

家族信託

家族信託とは、不動産や預貯金などの財産を託す人(委託者)、財産の管理・処分等を託される人(受託者)、その利益を受ける人(受益者)が存在し、委託者がその財産を信頼できる家族等に託し、託された受託者は受益者のために財産の管理・処分等を行うものです。

家族信託で扱える財産は、不動産(自宅、アパート、貸土地)、お金(現金、預貯金)、会社の株、投資信託などの有価証券、知的財産権(著作権)などがあげられます。

家族信託は多額の財産を持っている人だけが関係するものと誤解されがちですが、山形で不動産をお持ちの場合、山形の実家が不動産を所有している場合、山形の実家の不動産が老親名義の場合は、家族信託をご検討いただけますので、相続えんまん相談室にお気軽にご相談ください。

高齢社会に伴い、「認知症」が様々な場面で問題となりますが、突然認知症を発症した場合、認知症となった本人は財産の管理・処分ができなくなってしまいます。
その事前の備えとして、山形でも「家族信託」の活用が注目され始めています。家族信託では、判断能力の確かな元気なうちに、信頼できる家族に財産(例:山形の不動産)の管理・処分を託すことにより、以後の財産の管理等の煩雑さから解放されるとともに、認知症になった場合にも、信託財産は委託者の事前の意思に基づき、受託者によって適切に管理されますので安心です。

家族信託は、成年後見と違って裁判所を通さずに設定することができます。家族信託は、判断能力の確かなうちに契約を結ぶので、自分の考え・意思を「家族信託」に反映させることができます。家族信託は、自分が認知症になった場合の財産の処分や、自分が亡くなった場合の財産の行き先について何代にもわたり決めることができます。

家族信託は、認知症への事前の対策として活用できますので、認知症という言葉に不安を憶えた方、山形の不動産、山形の実家、山形の親のことが心配という方なら迷わず検討していただきたい制度です。

また、家族信託は、山形で事業承継に悩む中小企業オーナー様にも活用していただける制度でもあります。

山形の行政書士 後藤正紀事務所では、家族信託について知りたいという方や山形で家族信託をご検討の方等に対し、家族信託の基本的な考え方から山形の不動産・山形の実家を信託財産にする場合等様々な活用法をご紹介しながら、山形にお住まいの方や山形に実家がある方からのヒアリングに基づき最適な家族信託のご提案等を行っております。

成年後見制度では実現できなかった、新しい財産の渡し方として注目される「家族信託」は山形の実家を空き家にさせないためにも有効な手段ですので、是非お気軽にご相談下さい。

家族信託の詳細は、こちら

山形で家族信託に関することは、何でも「相続えんまん相談室」(運営:行政書士 後藤正紀事務所)の 無料相談会 ご相談ください。

 

ドローン

 平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されました。

これに伴い、対象となる重量200グラム以上の無人航空機(ドローン)を飛行させる場合、多くの地域でドローン許可・承認が必要となりました。もし、ドローンの飛行に必要なドローン許可・承認を得ないまま無人航空機(ドローン)を飛行させた場合には罰則規定(50万円以下の罰金)が設けられています。

元々は軍用であったドローンですが、今ではドローンの民生分野での活躍は目覚ましく、ドローンの活躍する現場は多岐に渡り、測量現場、土木現場における現地測量や太陽光パネル等インフラ設備点検業務、災害現場における被害・被災状況調査、物流現場におけるドローン宅配、農業分野における農薬散布、産業廃棄物の不法投棄の監視業務等があげられます。

今後、人口減少に伴う各分野での人手不足が懸念される中、ドローンは益々活躍の場を拡大していき、その可能性は正に∞(無限大)であるといえます。こうしてドローンの活躍の場が拡がることに伴い、優秀なドローンパイロットが不足するという新たな問題も出てくるものと考えられます。

ドローンパイロットには、これまで以上に確かな操縦技術と航空法をはじめとした各種法令等を十分理解したうえでの安全な飛行操縦が求められます。常日頃からの操縦訓練のためにドローン練習場を大いに活用することも重要です。

山形の行政書士 後藤正紀事務所が運営する「ドローン許可支援センター」では、ドローン飛行のためにドローン許可、承認が必要だけれど、ドローン許可・承認申請の書類作成は「面倒だ」、「誰かに丸投げしたい」等と感じている個人様、面倒なドローン許可・承認申請の書類作成は任せて、本来の業務を行いたいという企業様のために、「面談不要、簡単なヒアリングシートへの記入と押印のみ」で、後は「ドローン許可支援センター」(運営:行政書士 後藤正紀事務所)が書類作成から行政庁との折衝を行い、最終的にドローン許可・承認書の取得に至るためのサポートを山形はもとより全国対応で実施しています。

趣味でラジコンを飛ばしたい、ドローンレースに出たい方からドローンで空撮業務を行いたい写真館様、ドローンでの空撮で土木工事完了の確認や太陽光パネル設備等の点検などの実施でコスト削減をお考えの企業様、山林・山間部の測量業務にドローンを活用したい企業様、ドローンで農薬散布を実施したい大規模農業法人様、大量のドローンに対してドローン許可・承認申請が必要なドローンスクール主催者様、あるいはクライアントからの急な空撮依頼への対応の場合なども山形の「ドローン許可支援センター」(運営:行政書士 後藤正紀事務所)へお気軽にご相談ください。

※無人航空機を使った荷物配送の実現に向けて、無人航空機の目視外飛行に関する要件が取りまとめられました。
 「空の産業革命に向けたロードマップ」に沿って、2018年には、離島や山間部での無人航空機による荷物配送の実証実験が実施されました。
 無人航空機の目視外飛行に関する要件は、こちら

ドローン許可の申請を依頼するなら

ドローン許可申請行政書士に依頼しようとお考えの方は、山形の【ドローン許可支援センター】をご利用ください。【ドローン許可支援センター】では、面談不要でドローンの許可・承認申請手続きを行っております。

お客様は、ヒアリングシートに必要情報を記入し、書類に押印するだけです。山形県内はもちろん、全国対応しておりますので、ドローンで空撮飛行するための申請書作成にお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

山形で相続のお困りごとをサポートする【相続えんまん相談室】について

(運営)事務所名 行政書士 後藤正紀事務所
事務所所在地 〒990-0057 山形県山形市宮町3-5-32
TEL 023-673-0246
FAX 023-673-0359
取扱業務

相続(公正証書遺言原案作成、遺産分割協議書作成)

・相続法務指導員

家庭信託(相続・事業承継・認知症対策)

・一般社団法人家族信託普及協会会員

ドローン許可・承認申請

概要 山形で相続・遺言・家族信託のご相談、ドローン許可の申請書作成依頼にお応えしております。山形で相続・遺言・家族信託にお困りの方、山形でドローン飛行・空撮の許可申請が必要な方は、お気軽にご相談ください。
業務地域

相続・遺言・家族信託:山形県内

ドローン許可・承認申請:山形・全国

 

2019.04.21 Sunday